季節・カレンダー

霜月は旧暦の何月?意味/読み方/由来とは?11月の時候の挨拶と季語も紹介!

霜月は旧暦の何月?意味/読み方/由来とは?11月の時候の挨拶と季語も紹介!

霜月は旧暦の何月?意味/読み方/由来とは?11月の時候の挨拶と季語も紹介!霜月の意味や読み方とは?霜月は旧暦の何月?霜月は現在の暦でいつからいつまでの時期?なぜ霜月なのか由来(語源)を解説!11月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶も例文で紹介!季語を使ってオリジナルの時候の挨拶を作ろう!

 

カズくん
カズくん
キャラの名前や名字に「霜月」ってあるけど、霜月は何月の異名だったかな?
カピ様
カピ様
11月のことじゃよ!今日は、霜月について説明するのじゃ!

霜月は旧暦の何月?読み方と意味は?

霜月は旧暦の何月?意味/読み方/由来とは?11月の時候の挨拶と季語も紹介!

今日は、霜月について解説していきましょう\(^o^)/

 

霜月とは?

読み方は「しもつき」。

陰暦(旧暦)の11月のこと。

 

まず、霜月の読み方は「しもつき」です。

霜月は、陰暦(旧暦)の11月を指す言葉です。

 

霜月を現在の暦に当てはめると、11月下旬~1月上旬ごろの時期になります。

便宜上、現在の暦の11月を「霜月」と呼ぶことがあります。

 

カピ様
カピ様
月の異名は現在の暦と一ヶ月ほどの季節のズレがあるのじゃ!
カズくん
カズくん
11月は英語で「November」だよ!

 

陰暦」とは、月の満ち欠けの周期を基にした暦のことで、1ヶ月は約29.5日です。

日本では、明治6年に陽暦が採用される以前に陰暦が使われていたため、陰暦を「旧暦」と呼ぶ場合もあります。

 

ちなみに現在、日本を始めとした世界の多くの国で使われているのは「太陽暦」で、地球が太陽の周りを回る公転周期を基にした暦です。

日本では、太陽暦を「新暦」と呼ぶこともあります。

陰暦とは?太陽暦/旧暦/新暦との違いは?月の名前(異称)と語源を一覧で紹介!
陰暦とは?太陽暦/旧暦/新暦との違いは?月の名前(異称)と語源を一覧で紹介!陰暦とは?太陽暦/旧暦/新暦との違いは?月の名前(異称)と語源を一覧で紹介!陰暦とは何?陰暦は昔のカレンダーのこと?陰暦と太陽暦・旧暦・...

霜月の由来(語源)は?

霜月は旧暦の何月?意味/読み方/由来とは?11月の時候の挨拶と季語も紹介!

霜月の語源は、秋も深まり早いところでは朝霜が降りる時期ということで、「霜降り月/霜降月(しもふりつき)」の略とする説が有力です。

 

他にも、

  • 十が満ちた数で一区切りなので上月になり、それに対して「下月」とする説
  • 「神無月」を「上な月」と考えて、「下な月」とする説
  • 新嘗祭(にいなめさい)で秋の収穫を神に感謝し、食べ物を食べることから「食物月(をしものつき)」が由来の説
  • 徐々に日が短くなり太陽の日が弱くなるので、ものがしぼむ月の「凋む月(しぼむつき)」が由来の説
  • 「摺籾月(すりもみづき)」の略が由来の説
  • 「末つ月(すえつつき)」が訛った説

があります。

 

カピ様
カピ様
霜月は別名「神帰月・神楽月・雪待月」とも呼ばれるのじゃ!
カズくん
カズくん
神無月に出雲大社に出かけていた神様が帰ってくるから神帰月なんだね!

11月の時候の挨拶と季語も紹介!

霜月は旧暦の何月?意味/読み方/由来とは?11月の時候の挨拶と季語も紹介!

手紙に使える11月の時候の挨拶も紹介していきましょう\(^o^)/

時候の挨拶は季節を表す言葉を用いた文章のことで、相手の健康や安否を気遣う意味があります。

11月上旬~中旬の時候の挨拶

11月上旬~中旬の「時候の挨拶」+「安否の挨拶」の例文です。

この時期には紅葉は紅く、銀杏は黄色く色づいて、山は秋色に染まりますね。

立冬は11月7日ごろで、この日から暦の上では冬とされます。

 

例文

<ビジネス向け>

「深秋の候、先生におかれましてはご健勝のこととお喜び申し上げます。」

「立冬の候、貴社にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」

「晩秋の候、貴社にはいよいよご盛栄のことと拝察いたします。」

「初霜の候、ご家族様お変わりなくお過ごしのことと存じます。」

 

<カジュアルに>

「秋の行楽シーズンを迎え、名所は紅葉狩りの真っ盛りですね。皆様お変わりございませんか。」

「暦の上では冬となりました。お元気でお過ごしでしょうか。」

「吐く息も白くなり、冬近しを感じております。風邪など召されていませんか。」

「木枯らしが吹き、一日一日と冬に近づいているようです。季節の変わり目に風邪などひかれていないでしょうか。」

11月中旬~下旬の時候の挨拶

霜月は旧暦の何月?意味/読み方/由来とは?11月の時候の挨拶と季語も紹介!

11月中旬~下旬の「時候の挨拶」+「安否の挨拶」の例文です。

11月22日ごろは小雪で、この頃になるとわずかに雪が降り始めるとされます。

冷たい北風が木の葉を落とし、本格的に冬へ向かっていきますね。

 

例文

<ビジネス向け>

「小雪の候、貴社におかれましてはますますご隆盛の段、慶賀の至りに存じます。」

「菊花の候、貴殿にはますますご健勝の由、何よりと存じます。」

「霜秋の候、貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。」

「向寒の候、 ◯◯様にはお健やかにお過ごしの事とお喜び申し上げます。」

 

<カジュアルに>

「散り敷いた落ち葉を北風が舞い上げる時節となりました。ご機嫌いかがですか。」

「遠くの山々がうっすらと冬化粧を始めています。お健やかにお過ごしのことと存じます。」

「冬が駆け足で近づいているようですが、お変わりございませんか。」

「小春日和の穏やかな日が続いていますが、お元気にてお過ごしでしょうか。」

 

カピ様
カピ様
小春日和は、晩秋から初冬にかけての穏やかで暖かい天気のことじゃ!

11月の季語は?

霜月は旧暦の何月?意味/読み方/由来とは?11月の時候の挨拶と季語も紹介!

時候の挨拶は、季語を入れて季節感を出すのがマナーです。

11月の季語をいくつか紹介するので、手紙を書くときの参考にしてくださいね♪

 

11月の季語

晩秋、立冬、冬の日、冬めく、初冬、冬凪、初氷、時雨、初霜、

落ち葉、木枯らし、小春日和、山茶花、菊、鍋物、白菜、大根、

牡蠣、タラ、太刀魚、ししゃも、熱燗、文化祭、七五三祝い、

千歳あめ、勤労感謝の日、文化の日、酉の市、暖房、こたつ、

ストーブ、芸術の秋、行楽の秋、読書の秋、スポーツの秋、など

 

時候の挨拶は、その季節を感じられる言葉を選べば、どんな表現でも構いません。

ぜひ、季語を使ってあなたらしい時候の挨拶を作ってみましょう!

 

霜月について、最後まで読んでいただきありがとうございました!

本格的な寒さに向かう時節、風邪など召されませぬようご自愛ください\(^o^)/

 

カズくん
カズくん
11月の行事は七五三や勤労感謝の日だね!紅葉狩りにも行きたいな!
カピ様
カピ様
わしは酉の市で熊手を買いたいのじゃ!
長月は旧暦の何月?意味/読み方/由来は?9月の時候の挨拶と季語も紹介!
長月は旧暦の何月?意味/読み方/由来とは?9月の時候の挨拶と季語も紹介!長月は旧暦の何月?意味/読み方/由来とは?9月の時候の挨拶と季語も紹介!長月の意味や読み方とは?長月は旧暦の何月?長月は現在の暦でいつか...
神無月は旧暦の何月?意味/読み方/由来とは?出雲大社では神在月!?10月の時候の挨拶と季語も紹介!
神無月は旧暦の何月?意味/読み方/由来とは?出雲大社では神在月!?10月の時候の挨拶と季語も紹介!神無月は旧暦の何月?意味/読み方/由来とは?出雲大社では神在月!?10月の時候の挨拶と季語も紹介!神無月の意味や読み方とは?神無月は旧暦...