四字熟語

飛躍の意味とは?躍進/活躍/跳躍との違いは?四字熟語の暗中飛躍や類義語も!

飛躍の意味とは?躍進/活躍/跳躍との違いは?四字熟語の暗中飛躍や類義語も!

飛躍の意味とは?躍進/活躍/跳躍との違いは?四字熟語の暗中飛躍や類義語も!「今年は飛躍の年にします」と使われる飛躍。飛躍の読み方とは?飛躍の意味は三つある?!飛躍の類義語や対義語を紹介!飛躍と躍進と活躍と跳躍の違いは?四字熟語の暗中飛躍って?飛躍の使い方も例文で解説!

 

カズくん
カズくん
ニュースで「飛躍する一年にしたい」ってよく聞くけど、飛躍とは何なんだろう?
カピ様
カピ様
カズくんが飛躍の年にできるように、今日は飛躍について説明するのじゃ!

飛躍の読み方と意味とは?

飛躍の意味とは?躍進/活躍/跳躍との違いは?四字熟語の暗中飛躍や類義語も!

「今年は飛躍の年にします」と「飛躍」をスローガンや標語に掲げることがありますね。

今日は、飛躍について解説していきましょう\(^o^)/

 

飛躍とは?

①高く飛び上がること

②大きく発展して活躍すること

③論理や考え方が順を追わずに飛び越して進むこと

 

まず、飛躍の読み方は「ひやく」です。

」は地を離れて空中に上がること、「」は勢いよくジャンプするという意味を持つ漢字です。

 

飛躍の意味は三つあるので、それぞれ順番に見ていきましょう\(^o^)/

①高く飛び上がること

飛躍の一つ目の意味は、大きく高く飛ぶことです。

スキーでジャンプ台から飛ぶ姿をイメージしましょう。

 

カピ様
カピ様
元々の飛躍の意味は、物理的に飛び上がることなのじゃ!

②大きく発展して活躍すること

飛躍の二つ目の意味は、物事が勢いよく進歩・向上して、活躍することです。

「今年は飛躍の年にします」は、「今年は大きく成果を上げる年にします」と宣言していることになりますね。

 

また、この意味での飛躍は「飛躍的」と使われることも多いです。

 

飛躍的とは?

物事の進歩・発展・向上が急激であること。

 

「科学技術の飛躍的な進歩」といえば、「科学技術が目覚ましい発展をした」ことになります。

 

カズくん
カズくん
この場合の飛躍は、良い意味だね!

③論理や考え方が順を追わずに飛び越して進むこと

飛躍の三つ目の意味は、論理や考え方・ストーリーなどが、正常な順序や段階を踏まずに、急に飛び離れたところに移ることです。

「話が飛躍しすぎだ」と言われた場合、話が脈絡なく関係ない方向に飛んでしまっていることになります。

 

カズくん
カズくん
この場合の飛躍は、悪い意味だね!
カピ様
カピ様
話が飛躍するのは論理的ではないし、内容が理解できなくなるのじゃ…

飛躍の類義語は?

飛躍の意味とは?躍進/活躍/跳躍との違いは?四字熟語の暗中飛躍や類義語も!

ここでは、飛躍の類義語を紹介します\(^o^)/

 

飛躍の類義語

活躍(かつやく):めざましく活動すること

向上(こうじょう):よりよい方向、すぐれた状態に向かうこと

進化(しんか):事物が進歩して、よりすぐれたものや複雑なものになること

進歩(しんぽ):次第によい方、望ましい方へ進み変わって行くこと

成長(せいちょう):育って成熟すること

前進(ぜんしん):前へ進むこと

跳躍(ちょうやく):地面をけって飛びはねること

発達(はったつ):成長して、以前よりも大きくなること

発展(はってん):物事が、より進んだ段階に移っていくこと

飛翔(ひしょう):はばたいて空を飛んで行くこと

躍進(やくしん):めざましい勢いで進出すること

 

飛躍の類語は座右の銘やスローガンにぴったりの熟語ばかりですね!

飛躍を簡単な言葉で言い換えると、「大きく進化する・レベルアップする・パワーアップする」などになります。

飛躍と躍進と活躍と跳躍の違いは?

飛躍の類語に躍進・活躍・跳躍がありますが、違いはあるのでしょうか?

 

躍進(やくしん)とは?

めざましい勢いで進出・発展すること。

 

飛躍はめざましく活躍することですが、躍進は目覚ましい勢いで発展・進出することです。

飛躍は、論理が正常な段階を踏まないで進められる意味もありますが、躍進この意味では使われません。

 

活躍(かつやく)とは?

めざましく活動すること。

 

飛躍と活躍は同じ意味で使われますが、飛躍の方がより目覚ましい成果を上げるニュアンスです。

 

跳躍(ちょうやく)とは?

地面をけって飛びはねること。

 

跳躍飛び上がる動作そのもので、飛躍は高く飛び上がることです。

飛躍目覚ましく進歩することや、順序を飛び越して進むことも指しますが、跳躍にはこれらの意味はありません。

飛躍の対義語は?

飛躍の意味とは?躍進/活躍/跳躍との違いは?四字熟語の暗中飛躍や類義語も!

飛躍の対義語は、「成長しない」もしくは「成長のスピードがゆっくり」という意味合いの言葉になりますね。

 

飛躍の対義語

減退(げんたい):減って少なくなること

後退(こうたい):勢いが衰えたり程度が低くなったりすること

衰退(すいたい):勢いや活力が衰え弱まること

漸進(ぜんしん):段階を追って少しずつ進んで行くこと

停滞(ていたい):物事が順調に進まないこと

低迷(ていめい):悪い状態を抜け出せずに迷うこと

廃退(はいたい):行われなくなったり、使われなくなったりしてすたれること

四字熟語の暗中飛躍とは?

飛躍の意味とは?躍進/活躍/跳躍との違いは?四字熟語の暗中飛躍や類義語も!

「飛躍」が含まれる四字熟語に、暗中飛躍があります。

 

暗中飛躍とは?

読み方は「あんちゅうひやく」。

ひそかに画策して、活躍すること。

 

「暗中」は、「こっそりと陰で」の意味です。

暗中飛躍は、人に知られないように、こっそりと活躍することです。

 

使い方としては、「仲間の暗中飛躍のおかげで、決着をつけることができた」などの例文があります。

英語では「the leap in the dark(暗闇での活躍)」と言い、日本語と同じ意味ですね。

 

カピ様
カピ様
暗中飛躍を略すと「暗躍(あんやく)」なのじゃ!
カズくん
カズくん
暗躍は悪い意味のイメージが強いけど、いい意味でも使えるんだね!

飛躍の使い方(例文)を紹介!

飛躍の意味とは?躍進/活躍/跳躍との違いは?四字熟語の暗中飛躍や類義語も!

それでは、飛躍の使い方を例文で見ていきましょう\(^o^)/

 

飛躍の例文

①高く飛び上がること

「スキー選手が滑走路を滑り降りて、ジャンプ台から飛躍する」

「うさぎは飛躍を象徴した動物だ」

「ペガサスが空高く飛躍する」

 

②大きく発展して活躍すること

「さらなる飛躍の年にできるよう、お祈りしております」

「今年はプロ野球選手として飛躍できるように頑張ります」

「オリンピックに向けて、日本の飛躍を願う」

「サッカーの才能が飛躍的な成長を遂げる」

「店の売り上げのグラフが飛躍的に伸びる」

「仕事を始めて3年目、来年こそ飛躍的に進歩する1年にしたい」

 

③論理や考え方が順を追わずに飛び越して進むこと

「部署内で議論していると、話が飛躍することが多い」

「君の研究の結論は飛躍しすぎで説得力がない」

「書類の文章の論理が飛躍していて読みにくい」

「この本のシナリオが飛躍しすぎて面白くない」

「天才は、普通の人にはできない思考の飛躍ができる」

 

「さらなる飛躍の年とするべく努力する所存です」と年賀状に一言添えても良さそうですね。

 

飛躍について、最後まで読んでいただきありがとうございました!

飛躍を目標や抱負にして、さらなる飛躍を目指しましょう!

 

カズくん
カズくん
世界に羽ばたくビジネスマンになりたいな!
カピ様
カピ様
夢は大きく持つのじゃ!
日進月歩の意味とは?座右の銘に使われる?由来/類義語/対義語を解説!
日進月歩の意味とは?座右の銘に使われる?由来/類義語/対義語を解説!日進月歩の意味とは?座右の銘に使われる?由来/類義語/対義語を解説!座右の銘に使われる日進月歩の読み方と意味とは?日進月歩の由来(語源)...
切磋琢磨の意味とは?語源/類語/英語/例文をわかりやすく解説!
切磋琢磨の意味とは?語源/類語/英語/例文をわかりやすく解説!切磋琢磨の意味とは?語源/類語/英語/例文をわかりやすく解説!山月記にも登場する切磋琢磨の本来の意味って?切磋琢磨の漢字の意味は?切磋琢...